免疫チェア

免疫チェアに座り「ストローファイバー網構造体」という特殊な物質を介して大音響を背中へ響かせます(クラシックやシンギングボール)。

  ⇒まるで映画館にいるような気分になります

大音響は背骨経由の骨伝導により髄液に伝わり、髄液から血液・リンパ液などの水分経由で身体諸器官へ伝わるため、細胞内の水分が摩擦を起こし、摩擦熱で生み出された磁気エネルギーが体内物質をイオン化し、細胞レベルで振動するようになり熱が作り出され体温が上昇します(詳細は西堀貞夫著「ゼロ磁場の奇跡」。

 *骨伝導;個体の伝導は力が減衰しない

 *髄液;脊柱管(上下に連なった背骨の空洞)に満たされている組織液

 *髄液発の水分の波は津波のように全身へ波及する

体温が上昇すると様々なメリットが生じてきます。

免疫力アップ:1度上がると免疫力は30%アップすると言われてます

基礎代謝アップ:1度上がると代謝は15%ほどアップすると言われてます

美容効果アップ:代謝アップに伴い排毒作用も増すので肌艶も良くなる

     ・・・などなど

ゼロ磁場をご存知ですか?

ゼロ磁場とは地球の断層部で起きている摩擦によりN極とS極の力が拮抗している場所を言い、神社仏閣が多くパワースポットと言われてる場所です。

ゼロ磁場がなぜすごいのかというと、そこに強大な氣が発生するからです。

音響チェアは、体内で水分の摩擦を誘発しゼロ磁場を作り出します(実験検証済)。

・・・体温について・・・

一般人が測定できる体温は腋窩と舌下および鼓膜ですが、一番重要とされるものに深部体温(肺動脈・膀胱・食堂・直腸)があります。

最も一般的な腋窩温は深部体温より0.8度低いと言われてます(舌下は腋窩+0.5度)。

理想の平熱は腋窩温で36.5~37.1度と言われてますので、深部体温に換算すると37.3~37.9度になります。

体温には日内変動というものがあり、1日の中で周期的に上がったり下がったりします。変動幅は1度以内で、最低は朝方、最高は夕方というケースが多いようです。

ですので、夕方37度以上になっていても朝に比べ上昇幅が1度以内なら心配ありません。